キャットフードを与える量と与え方について

キャットフードは1日にどれぐらいの量を与えるのが適量なんだろう?
そんなふうに迷う人もいるかもしれません。ですが猫によって個体差があり、年齢や体調によっても与える量は変わってきます。では、実際にどれぐらいの量を与えればいいのか紹介します。

キャットフードを与える量

キャットフードを与える量は、(猫の体重×0.75)×70kcalの計算式で安静時に必要となるエネルギー量が計算出来ます。つまり猫の体重が3?の場合は、160kcalとなります。
ただし、1日に160kcalのキャットフードを与えるという事ではなく、ここからさらに猫のエネルギー係数をかける必要があります。猫のエネルギー係数とは、猫の状態を表す係数です。
例えば、1歳以上の成猫の場合は係数は1,4、散歩をするような活動的な猫だと係数は1,6、太り過ぎてダイエットが必要な猫の場合は係数は1、成長期の猫の場合は、とにかく成長するためにエネルギーがたくさん必要となるため係数は2.5となります。

なので実際に与えるキャットフードの量は、(猫の体重×0.75)×70kca×猫のエネルギー係数で計算する事が出来ます。ですがあくまで目安にすぎないので、計算式で出した量を与えても毎日残したり、猫の体が太るようであれば、与え過ぎと判断し、量を減らすなど、猫の様子を見ながら微調整していきましょう。

キャットフードのパッケージにも、与える量が記載されています。しかしその記載量は、あくまでも理想的な体型である場合の数字で全ての猫に該当する訳ではないので注意して下さい。

キャットフードの与え方

先ほど紹介した量は、1日の総量です。実際にキャットフードを与える場合、1日1食だと空腹の時間が長くなり胃に負担を与えてしまいます。そのため、基本的には朝晩の2回に分けて与えるのが望ましいと言えます。
ただし猫にはだらだら食いと呼ばれる習性があり、少量づつ回数を分けて食べる事があるので、キャットフードを残していてもすぐに片づけずに様子を見るようにして下さい。

  • |