食いつきが悪くなったら?グレインフリーで食いつき増加

最近キャットフードへの食いつきが悪くなったと感じたら、キャットフードを変えてみることを検討すべきかもしれません。猫にとってうれしく食いつきが高まる、グレインフリーのキャットフードを検討してみましょう。

今のキャットフードはグレインフリーか?

まず、そもそもグレインフリーというのは何なのかというと、グレインとは穀物のことです。
このグレインがフリーなので、つまり穀物を使っていない、穀物が入っていないキャットフードのことを、グレインフリーと呼びます。穀物の代わりに、肉や魚などを主な原料として使っており、猫にとってもうれしいキャットフードになっています。猫にとってうれしい成分が主なので、食いつきが高まることが期待できるのがメリットといえるでしょう。逆に、デメリットとしては原料にこだわりがあるため、普通のキャットフードよりも値段が高くなりがち、というところがあります。

長生きしてほしい飼い主さんにおすすめ

猫にとってうれしい原料を含んでいるグレインフリーですから、猫の健康にとっても効果が期待できます。
病気が心配、健康に長生きしてほしいという思いを持っている飼い主さんであれば、グレインフリーのキャットフードは押さえておきたいところです。実際、グレインフリーのキャットフードに切り替えたことで猫が健康になった、という口コミが広まり、グレインフリーへの注目度も高まってきているようです。

そもそもなぜ穀物なのか

グレインフリーという言葉が出てくる以前、なぜキャットフードに穀物が入っていたのでしょうか。
この理由の一つとしては、安い穀物を使って、原材料費を下げるということが目的にあったとされています。
大量にキャットフードを作るために、量を増すために穀物を使われていたということが背景です。
最近ではそのコストカットの流れとは別に、より猫のことを考える飼い主さん向けに、グレインフリーのキャットフードという商品が多く出てきているようです。

  • |